私共シャルマンは、1956年に眼鏡フレーム部品のメーカーとして誕生し、その後、完成品を作るために必要な全ての部品や表面処理工程を内製化することで、総合眼鏡フレームメーカーへと進化してまいりました。

この間、お客様に“安心”と“喜び”をお届けすることを基本理念として、眼鏡を掛けられる皆様が安心して快適な視生活を送ることが出来ることを目指してまいりました。
私共が考える安心とは、お客様に不都合を与えない基本品質の実現であり、また喜びとは、様々なユーザーベネフィットを追求した魅力品質として、洗練されたデザイン、掛け心地や機能を意味しております。お客様が私共のフレームを掛けて頂いて、その心地良さに感動して頂けましたなら、それは私共にとりまして何よりの喜びです。

2010年は、これまでの活動の集大成として、眼鏡フレームにとって最適な新素材エクセレンスチタンを開発するに至り、同時に微細レーザによる接合技術を完成させたことにより、”ラインアート シャルマン”という、これまでにない奇跡の掛け心地を実現した商品を全世界に紹介させて頂くことが出来ました。日本の最高レベルの英知を結集した技術と、人間工学に基づくデザインを融合させたこの商品が、お客様のニーズを充たし新たな需要を創造することに繋がっていきますよう、今後とも更に進化させてまいりたいと存じます。

皆様にご満足頂ける商品とサービスをご提供するために、社員一人一人がその事を追求していく会社を目指し、私共は革新を続けます。