​掛け心地とデザインへのあくなき追及

 さて、素人営業で立上ったシャルマンであるが、肝心なのは、なんといっても商品・メガネである。お尻でメガネを踏んで「その強度、さすがメイドイン・ジャパン」などというCFは、日本のモノづくりを愚弄したコメントで、壊れないことが、メイドイン・日本の本質ではない。この日まで、半世紀以上にわたり、金属加工で生計を立て、メガネと取っ組み合ってきた者たちにとっては、片腹の痛いフレーズである。

 メガネの「品質」とはなにか……エンジニアではない堀川さん。だからこそ、無理難題など関係なく、とことん「メガネ」を突き詰めた。強度は大前提として、そのうえで「掛け心地」を追求した。そのために、産業技術総合研究所の「デジタルヒューマン研究ラボ」と8年かけて、人種別におよそ一千人の頭の骨格を測定、研究した。また、世界での販売も視野に様々な人種についても研究をした。

 そのデータを基に骨格のモデルをつくり、メガネをかけたときに、どういう圧力がどのようにかかるのかを解析するシステムを自社開発した。左右のテンプルがどれほどの強さで耳にかかるのが一番心地よく、また、ズレや落下が防げるかを知ったのだ(右下の写真は、製造ロットごとに抜き打ちで行う、締め付け具合の測定)。

 こうした「掛け心地」の追及により、日本国内はもとより、1980(昭和55)年からアジアヘの輸出がはじまる。当時のアジア市場は、欧州製が席巻していたが、日本人に近いアジア人の骨格にはやはりシャルマン製が合い、高温多湿な気候では、欧州のメッキははがれたり錆を起こしていたが、シャルマンのそれはまるで違っていたため、順調に市場を得ていった。

 そして、もう一つがデザイン。

 シャルマンには、リベット鋲の金張りの技術があり、先の通り、金属フレームのメッキ技術は折り紙つきであった。しかし、セルロイドやべっ甲といったフレームに銀縁、せいぜい金縁メガネでは、ファッションどころか、「矯正器具」の域を出ない。しかも、すでに当時は、欧州からカラフルでデザインに富んだものが多く日本に輸入されていた。

ふでばこ配置画像_新たに手に入れた技術.png
ふでばこ配置画像_試験.png

 そんなある日。ドイツに優れた塗装技術がある……それを耳にした堀川さんは、その技術導入を役員会に諮った……が……

却下される。そこで、単身ドイツに渡り、個人資金で1億円を超える塗装技術と機械を買い付けてきた。それほど、これからの世の中「デザイン」は重要だと考えたのだ。

 「掛け心地」と「デザイン」。2つの要素は異なるように見えるが、実際に使う者にとって、どちらも「満足」のための重要な要素なのだ。

 そして、この2つの徹底追及により、シャルマンは次のステージに立つことになる。

 一般的な金属フレームの時代が去り、流行は「形状記憶」なる金属であった。しかし、脱着や衝撃など想像以上に過酷に使われるメガネにおいては、どうしても金属疲労やゆがみが出てきてしまう。

 そこで登場したのが「チタン」であった。軽量でいて強靭という夢のような金属であるが、いかんせん加工が困難な素材であった。

​日本のメガネと鯖江

1551年

宣教師フランシスコ・ザビエルが大内義隆氏にメガネを献上

現存する最古のメガネは、室町幕府12代将軍・足利義晴のメガネ

17世紀

18世紀

長崎で初めてメガネがつくられる(べっ甲や水牛角など)

京都・大坂・江戸などの都市部でメガネが広く販売される

ふでばこ配置画像_日本のメガネと鯖江.png

1873年

​(明治6)

1905年(明治38)

1955年〜

ウィーン万博でメガネづくりを学んだ朝倉松五郎(東京)がレンズ研磨

技術と機械を持ち帰り、国産のメガネづくりが普及

増永五左衛門が東京・大阪から職人を招き、農閑期の農家の副業として

メガネフレームを現・福井市で製造をはじめる

「帳場」と呼ばれる製造工程を細分化しての生産体制を確立

高度経済成長下での需要増で鯖江は一大成長を遂げる

しかし、平成28年6月の調査で、鯖江のメガネは、事業所数は、

ピーク時(1983年)の51%となる453事業所、出荷額は、ピーク時(1992年)の34%となる776億円となった

ふでばこ配置画像_地図.png