top of page

​お知らせ

 2024年1月9日(火)~12日(金)に米国ネバダ州ラスベガスにて開催されている世界最大規模のテクノロジー見本市「CES 2024」TDK株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:齋藤 昇、以下「TDK社」)ブースにおいて、当社がフレームの開発設計をしたスマートグラスが公開されました


 このスマートグラスは、TDK社製のスマートグラス用ピエゾサウンドデモ機を搭載したフレームで、オンキヨー株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:大朏 宗徳)がスマートグラス用に開発設計した骨伝導スピーカを内蔵しています。当社は、骨伝導スピーカをモダン(テンプルの先の耳にかかる部分)に内蔵することで、一体感のあるスタイリッシュなデザインを実現しており、さらに今回、装用性と機能性を向上させました。


 現在市場に流通しているスマートグラスの多くは樹脂製のフレームで、軽量ではあるもののボリュームが大きくなりやすく、頭部への側圧(側頭を挟む力)の調整も困難であるなど、デザインやかけ心地の面で課題があるのが実情です。当社が今回開発したフレームは、昨年当社が開発し、CESで公開したものに比べ、ピエゾ素子サイズの長さを30mmから20mmに小型化したことに加え、肌に接触する骨伝導スピーカ表面のパッド面積を拡大しフラットにすることで、シームレスなデザインを実現しました。さらに、モダンに12段階で角度調整できる機構を設け、かけ外しがスムーズに行えるだけでなく、頭部サイズに合わせて耳介裏側のスピーカ接触位置を調整することも可能となりました。



 フレームは、当社が開発製造し、株式会社QDレーザ(所在地:神奈川県川崎市、代表取締役社長:菅原充)が販売している網膜走査型レーザアイウェア「RETISSA DisplayⅡ」用のチタン製フレームをベースとしており、フレームフロント部分には軽量で高強度なチタンを、テンプル部分にはしなやかでバネ性に優れた素材βチタンを用い、頭部への側圧を最適にすることで、長時間の使用でも装用者の負担にならない設計としました。これらは、至極のかけ心地で長く支持されている当社の「ラインアートシャルマン」を始めとしたメガネフレーム製造で培った高度な加工技術により実現したものです。また、当社が長年蓄積してきた世界各エリアの頭部データをもとに、快適なかけ心地を感じられるよう細やかな設計がなされています。


 当社は、今後さらに拡大が期待されるスマートグラス市場に向けたフレーム開発を、OEM製品も含め、国内外において積極的に展開してまいります。


正面写真



■CESとは

CES(シーイーエス)は、最新のハイテク製品と世界中のイノベーターが集う世界最大規模のテクノロジー見本市です。CTA(Consumer Technology Association)®が主催する業界向けのイベントで、毎年1月に米ラスベガスで開催されています。

12/23発売の「CanCam」2月号のインフォメーションページで井浦新さん&中条あやみさんを起用したiシリーズプロモーションをご紹介いただきました。

新富裕層のためのライフスタイル&ファッションマガジン「Advanced Time」WEB版で、井浦新さんと中条あやみさんを起用したiシリーズプロモーションをご紹介いただきました。


記事はこちらからご覧ください。

bottom of page